4月14日(日)2019明治安田生命J3リーグ 第6節
セレッソ大阪U-23 3-2 ザスパクサツ群馬 (14:03/ヤンマー/669人)
試合写真・コメントなど
----------

●大熊裕司監督
「まず、雨の中、最後まで応援して下さったサポーターの皆さんに勝利を届けることができて、非常にうれしく思っています。ゲームに関しては、ある程度コントロールできた中で、前半の終わりと後半の立ち上がり、集中力を欠いた失点だったなと思います。そこから1点を返した時間帯が早かったので、そのタイミングが良かったのと、途中から入った選手がアグレッシブにチームを活性化してくれました。彼らのおかげで逆転できたと思っています。ただ、ボールを持っている時間はあったのですが、もう少し背後を突いたり、FWに入ったときの関わりだったりとか(が課題)。FWの収まりがちょっと悪かったんですけど、そういうところを出していかないと、引いた相手は崩せないかなと思っています。そういったところは、普段のトレーニングに生かして、また次のゲームに臨んでいきたいと思っています」

Q:2得点した安藤瑞季選手について。今季の彼をどう見ていますか?
「いまは普段のトレーニングから、トップチームにいながらもU-23でトレーニングすることも多いのですが、トレーニングの量や質を(補うことができている)。トップだけだと、どうしても個人に充てる時間が少ないのですが、U-23でやることで、そういった時間を作ることができたことが彼にとって大きかったのかなと思っています。まだ90分を通してプレーするには足りないところもありますが、ゴール前のクオリティーは高いので、そういったところはちょっとずつ出せるようになってきています。守備の意識も高くなっていますし、今年に入ってから、成長している一人だと思っています」

Q:今節が終わって単独首位です。チーム発足以降、初めてですが、何か感想はありますか?
「今、言われるまで知りませんでした(笑)順位は上にいて悪い気はないですが、それよりも、失点の仕方だとか、若い選手が今日の相手に対してどうだったのかなど、気になります。順位よりも、今日できなかったことも多かったので、またトレーニングに生かしていきたいと思います。やれたことによって結果が得られれば、それに越したことはないと思っています。継続することが一番、大事なので、継続していければ、順位も付いてくると思っています」

Q:3得点とも相手の中央を突く形でしたが、チームとして狙いにしていましたか?
「そうですね。クサビとサイドチェンジは常日頃から大事にしているところです。前半はちょっとFWの収まりや距離感がよくなかったのですが、得点シーンは、(安藤)瑞希と山田の距離も良かったので、狙い通りのところはありました」