フォト

2018年選手別レビュー|山村和也編

2018年12月27日(木)

シーズン序盤から中盤にかけてはボランチでプレー、終盤戦は前線でプレーするも、前年ほどプレータイムを伸ばせず、本人も「悔しさが残る1年でした」と無念の思いをにじませた。それでも、第32節・川崎フロンターレ戦 では途中出場で値千金の決勝点を決め、最終節の横浜F・マリノス戦 でもビハインドの状態から同点ゴールを決めた。
 起用されたポジションや意図をしっかりとくみ取り、指揮官の期待に応えようとするプレーが印象的だった。
つづき 

まいど!セレッソ~マイセレ~のオフ恒例企画「選手別レビュー」。
 各選手の2018年がどんな1年だったのか、番記者・小田尚史さんが綴ります。

  • カテゴリー:

コメントしてな~

  • ニックネーム
  • 応援クラブ
  • コメント
投 稿
J1第33節 清水戦、MVPは誰やろ?
1 横浜F・マリノス
2 FC東京
3 鹿島アントラーズ
4 川崎フロンターレ
5 セレッソ大阪